ネイル♪ラメの付け方

ネイルをつけるときに頻繁に使うラメ☆

ラメはいろんな使い方があります。

ラメを使いこなすとネイルの幅が広がるので、ネイルサロンでお願いするとき、セルフネイルに挑戦するときの参考にしてくださいね!

ラメの種類

ラメにはいろんなカラーがあります。

ゴールド、シルバー、ピンク、ブルー、パープル、、、

それぞれ雰囲気が違うので好みのラメを探してみてくださいね。

ラメはキラキラしてそれだけで存在感があるので、華やかにしたいとき、少しアクセントをつけたいときに使ってみるといいでしょう。


見ているだけで楽しくなるラメ✨

カラーとの組み合わせでカラーをよりきれいに見せてくれたり、トーンを落としつつキラッとさせてくれたり、引き締める効果もあったり、、

ラメの使い方をマスターするとネイルがもっと楽しくなりますよ♪

ラメを使ったデザイン

ラメラインとして。。。


フレンチの境目に細く入れてあるラメライン✨

ピンクのフレンチだけだとぼやけてしまいますが、ラメラインを入れることで締まります。

このラメラインをゴールドにするか、シルバーにするかで雰囲気が変わります。


ゴールドのラメラインはラインが強調されますね!

ストーンのバックに。。。


ラメでストーンの置き場所を明確にしています。

さらに、ストーンのきらきら感を増幅させる効果がありますよ。ストーンに光が当たるとラメに反射してさらにキラキラ輝くので少しのストーンでもきらきら感がアップします。


リボンの形でラメをのせたり、まっすぐに並べたストーンのしたにラメで線をひくように直線を書き、その上にストーンをのせます。

デザインとして。。。


全塗りのところに十字にラメラインを入れました。

この場合はラインを入れること自体がデザインになっています。

アクセントとして。。。


一本だけラメを全塗りにしてみるのも素敵です。

色で見せ方を工夫するのもたのしいですね!

ゴールドにするときと、シルバーにするときでは全体の雰囲気が変わってきます!

ラメの仕上げ方

ラメの魅力をお話ししてきましたが、ラメには表面がぼこぼこしてしまうという欠点があります。粒子が荒いものはキラキラ感が強くきれいなのですが、細かいものよりもっとぼこぼこします。

ラメを使ったときは仕上げの段階でもう一度クリアジェルを塗って表面を滑らかにすることが大切です。

表面をなめらかにしていないとトップコートをしても表面がざらざらしてお洋服にひっかけてしまったり、ひっかけたところからジェルがはがれてしまったり、ダメージが大きくなります。

横から眺めてみると表面が飛び出している様子とかもわかりやすいので、ラメを埋めてから確認してみるといいでしょう。

ラメがしっかり埋まっていることが確認できたら最後の仕上げとしてトップジェルをぬっていきましょう。

トップジェルを固め、未硬化ジェルを拭き取るときにざらっとした感じがあった場合は、もう一度トップジェルを塗り、さわったときにツルッとなるように仕上げましょう。

 

いかがでしたか?

ラメの魅力伝わりましたか?

ラメを使いこなしてさらにネイルを楽しんでくださいね!!