ネイル♪ストーン☆スタッズの付け方

今回は主にセルフネイラーさんのためのおはなしです。

ネイルはかわいいデザインやエレガントなデザインにしたいですよね。

でも、セルフネイラーさんにとって凝ったデザインはかなり高度な技が必要です。

とくに利き手にONするときは、動きにくい手で塗っていかないといけませんよね。

そんなときに活躍するのがストーンやスタッズです。

ストーンの付け方☆


こんな風にシンプルなフレンチにストーンをつけてみましょう♪

1個ずつ付けるのもかわいいですが、2個まとめて付けるとなんだかおしゃれ♡

ストーンをのせたいところにベースで使うジェルかトップで使うジェルをすこしのせて、その上にストーンを置きましょう。

ストーンがずれないようにそっとライトに手を入れ固めましょう。

ストーンがついたらその上にトップジェルを塗ってさらに固めます。

もし、ストーンが飛び出ていたりひっかかるようなときは、ベースジェル等でしっかり埋めてからトップを塗るといいでしょう。

スタッズの付け方☆


スタッズを薬指に3つ並べてつけてあります。

スタッズはストーンより高さがないので飛び出たりすることも少なく、盛り上がったりすることもあまりありません。形によっては厚みがあるものもあるのでそのときは注意です!

付け方はストーンと同じように、まずベースジェルやトップジェルをすこしのせて、その上にスタッズをのせます。

置きたいところに乗っていることを確認したら、スタッズが動かないようにそっとライトに入れて固めましょう。

その上にトップジェルを塗って固めます。

飛び出ていたりひっかかるようなときは、ベースジェルで埋めてからトップジェルを塗るようにしてください。



いかがでしょうか?

ストーンやスタッズの付け方、わかりましたか?

今回は簡単な置き方をご紹介しました。

まずはすこしだけのせる練習をしてみましょう。

乗せて付けるのも最初は難しいかもしれませんが、1本ずつ丁寧にのせて固めていけば大丈夫ですよ。

そして、肝心なのは、そのあとのストーンやスタッズの埋めかたです。

引っ掛かったり、飛び出て皮膚を傷つけたりすることがないようにしっかり埋め込んでいくことが重要です。

きれいに埋めることができるように何度も練習してみましょう。だんだんコツがつかめてきますよ!

ストーンやスタッズの基本的な付け方をマスターしたら、さらにたくさんのせる練習をしてみましょう。

たくさんのせても飛び出ないように埋めることができれば、ジェルネイルの幅が広がります。

自分のオリジナルのストーンやスタッズの置き方を考えてネイルを楽しんででくださいね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする