ジェルネイルの落とし方☆簡単オフ♪

ジェルネイルは長持ちするのが利点ですが、急なご不幸が!なんていうときに焦りますね。

こういう時に限ってネイルサロンに電話しても閉店してる!お休みだわ!予約取れない!なんて焦ってしまったり。。。。

こうなったら自分でやるしかない!

でもこのジェル落ちるの!?

爪ぼろぼろにならない!?

出来るかなぁ。。。?

不安がいっぱいですね。

落ち着いて~。

今回はジェルの落とし方を説明しますね。

揃えるもの♪

  1. ファイル
  2. コットン・・・爪より少し大きめにカットする
  3. アセトン
  4. アルミフォイル・・・10センチ四方くらいにカットします。コットンは爪の大きさよりすこし大きめにカットします。
  5. プッシャー
  6. バッファー

やり方♪

ジェルの表面をファイルで削ります。これは、アセトンがしみ込みやすくするためです。

力を入れすぎないようにまんべんなく削りましょう。

削ったところにアセトンを湿らせたコットンを置き、アルミフォイルでしっかりまきましょう。

ネイルサロンでは10本巻き終わったら初めの指に戻りジェルをはがしていくかと思いますが、自分でやる場合は削りが甘いと思うので少し時間を置きます。(10分から15分くらい)

最初の削りがうまくできるようになったらこの時間は短縮できますが、初めは削りが難しいと思います。気長にやりましょう!

少し時間を置いたらアルミを取りましょう。アルミは一本ずつとること!

すべて最初に取ってしまうと溶けかけたジェルがどんどんまた固まってしまので注意です。

アルミをとって、コットンを取ると、ジェルがふやけていると思います。

そのふやけたジェルをプッシャーで爪を傷つけないように取っていきましょう。

最初は一度で取るのは難しいかもしれません。

そんなときは無理にはがそうとせず、もう一度アセトンをひたしたコットンを爪にのせアルミをまき時間をおきます。

二度目になると簡単に取れるはずです。

ときどきサロンでやってもらったジェルはかなりしっかりくっついていることがありますが、無理にはがすのは厳禁です。

もう一度アセトンをまきなおし、時間をおき、アルミをはずしてプッシャーで取ります。

きれいに10本ジェルをオフできましたか?

ペロンとめくれるとちょっぴり快感ですね(笑)

最後に爪の長さ形を整えます。

表面ががさがさしているとおもうので、バッファーをかけ表面をなめらかにしていきます。

一度綺麗に手を洗いましょう。

最後に爪に栄養を与えます。

ネイル用のオイル、オイルがない場合はハンドクリームで代用してもいいので、しっかり爪に栄養を与えましょう。

オイルやクリームを爪になじませていきます。

少しマッサージもするといいですね!

自分の爪を久しぶりに見ましたか?

ジェルが付いていない爪は新鮮ですか?

これで完了です。

お疲れさまでした!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする