ネイルサロン♪お値段は安いほうがいいけど。。。

女性がひと月にいくらぐらい美容代として考えているのか。。。

これは人それぞれで違うものだとは思うのですが、美容院、ネイル、マツエク、化粧品。。。。

さまざまな美容代が発生します。

ネイル代は最初に削除候補になるもののような気がするのですが、なくてはならないという方ももちろんいます。

そんな中でネイルが月に必ずやるものとして考えられるためにはどうしても価格を下げる必要に迫られます。

女性の目は大変シビアなので、安くていいものを探す触角がかなり発達していると思います。

美容へのお金のかけ方はOLさんと主婦さんでは違ってくるような気もしますが、ネイルがすべての女性が必ず毎月やることのひとつになるのはまだまだ先なんでしょうね。

というか、そんな日が来るとは思えないというのが正直なところです。。。

ネイルによるセラピーのようなものもあります。

老人ホームなどでおばあちゃんたちのお爪に色をつけてあげるだけでおばあちゃんたちの顔が輝きます。

心に働きかける作用があるんです。

しわしわの手を見ながらにこにこしてくれるんです。

ウェディングフェアでネイルブースをだしたこともあるのですが、ネイルブースで一番喜んだのは新郎さまたちでした。

結婚式のドレス、お食事、お花など、新婦さまは幸せな笑顔で見て回っていますが、どんどん予算を越えていく様子に冷や汗をかきながらとなりにいる新郎さまはへとへと。

ネイルブースでハンドマッサージをしてあげると、「あー、いやされるー!」とほっとしてらっしゃいました。

手をマッサージしてもらうとほんとにリラックスできます。

うとうとしてしまうぐらいです。

ネイルサロンでもケア等のコースもあります。

そんな簡単なメニューでも十分癒し効果があるものです。

ネイルサロンなんて!と思っている方も一度のぞいてみてください!!

そこにお金をかけることってそんなに無駄ではないはずなんだけどなぁ。。

男性にも女性にも必要な場所のはずなんだけどなぁ。。

多くの人に理解してもらうにはまだまだ時間がかかりますね。

そして妥当と認められる価格帯で施術できること、ネイリストが自分の収入だけで生活できるようになることが両立されるようになるにはどういう形でネイルサロンが確立されていくべきかを考えています。

高いから行かない、お客様が少ないから収入が少ない、なかなか納得できる施術をしてくれるところかない、利益追求のためにはそこまでやっていられない、こんな両者がどう向き合うのか!?大きな問題です。

ABOUTこの記事をかいた人

ネイルが大好きなネイリストです。東京都世田谷区でネイルサロンを開いています。サロンで人気のデザインのご紹介、爪のおはなしなどみなさまにさまざまなネイルのおはなしをお伝えしていきたいと思っています。 ネイルサロンが身近な存在になったらいいなぁと思っています。