セルフネイルのコツ!②マニキュア(ポリッシュ)の塗り方

前回のブログ、「ネイル♪セルフネイルのコツ①」で爪の整え方をお伝えしました!

今回はポリッシュの塗り方をお伝えしていきます。

下準備

きれいに整えた爪をよく見てください。爪の表面はツルツルではありませんね。人によって差はありますが、凸凹したところに油分や汚れが残っています。このままポリッシュを塗ってしまうとネイルに凸凹が出来て、はがれやすくなります。コットンや綿棒にリムーバーをつけてまず爪の表面を拭いてくださいね。プレプライマーという油分や水分を取り除く液体(形状はポリッシュのボトルと同じ感じのものです。)があればそれを塗布しましょう。


爪にダイレクトにポリッシュを塗ると爪にダメージを与えることになります。さらにポリッシュの表面も爪の凸凹がそのまま出てしまいきれいではありません。プルっとした仕上がりにするためにまずベースコートを塗りましょう。

塗ってみましょう♪

まずはベースコートです。

ベースコートもきれいにはみでないように塗ることが仕上がりの良さを左右します。

爪先の断面も忘れずに!

ポリッシュを塗りましょう♪

ポリッシュを使う時は、ハケの片面をボトルの縁でしごいて取ります。両面についていると塗るときにはみ出てしまいます。しごくときは少し強めにしごくとハケの先が扇形のように広がる形になります。それが理想的な形です。


まず、 ポリッシュを爪のエッジに塗布します。 ポリッシュを爪の表面に塗ります。ムラにならないように中央をまず塗り、左側をきちんと端まで塗り、次に右側も同様に!3~4回ぐらいで塗り終わるのが理想。でも、はじめは難しいのでとにかくムラにならないように!と心がけて塗りましょう。

甘皮がきれいに処理できていればギリギリまで塗れるはずですが、なかなかうまくはいかないかもしれません。そんなときは甘皮からすこーし間隔をあけて塗るといいでしょう。ガタガタしないように端はきれいな形になるように塗りましょう。

きれいに塗れましたか?では、もう一度同じように塗りましょう!

1本ずつではなく片手ずつ(セルフのときは片手ずつになります。サロンの場合は10本を塗っていきます。)5本を小指から順番に塗っていきます。そうすると、親指まで塗り終えてまた小指に戻った時に小指のポリッシュはほとんど乾いています。乾いていると二度目がきれいに塗れます。

はみ出してしまった箇所は、ウッドスティックという先が細い棒に除光液をつけて修正します。はみでているところをきれいにすることが大切ですよ!

最後にトップコートを塗布します。爪の両サイド・エッジまで塗り残しがないようにきれいに塗りましょう!

これで完成です!

次のブログはジェルの塗り方です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする