セルフネイルのコツ!①爪の整え方

ネイルサロンに行きたいけど、お金も時間もない!

そんなときはセルフネイルに挑戦してみましょう♪

初めは難しいかもしれませんが、やっていくうちにコツがつかめてきますよ!

爪の整え方、マニキュアやジェルの塗り方、を順に説明していきます。今回はまず爪の整え方です。

まずは爪をきれいに整えましょう♪

爪は爪切りを使わず、エメリーボードで整えましょう。爪切りで切ると爪に亀裂が入ってしまうことがあります。

エメリーボードはブラックファイルとも呼びます。これは自爪の長さを削るためのものです。負担がかからないように薄い板でできています。

エメリーボードのグリット数(目の荒さ)は、80~220Gくらいのものがありますが、細かすぎると削るのに時間がかかり消耗が早いです。逆に荒すぎると爪に与える負担もかかります。だいたい180Gぐらいのものを使うといいでしょう。


大丈夫!と思いがちですが、雑に扱うと目に見えないような小さな亀裂が入っていることもあります。亀裂が入るとそこから割れてしまうことになるので丁寧に扱いましょう。

ファイルの使い方は初めは難しいかもしれませんが、練習してみましょう!一方通行でファイルをかけるように!往復に動かしてかけてしまうと、爪にダメージを与えてしまいます。二枚爪になってしまうことがあるので要注意です。

爪にダメージをかけない!これが大切です。

甘皮を押してみましょう!

甘皮の処理はとてもむずかしいのですが、甘皮がべったり爪についているようなときはきれいにマニキュアやジェルが塗れません。甘皮が固くなり角質化したものを「ルースキューティクル」と言います。爪が伸びる時、ルースキューティクルも爪にへばりついたまま伸びてしまいます。ルースキューティクルは爪の成長を妨げたり、乾燥やささくれの原因になります。爪や手のお手入れをしても、ルースキューティクルのせいで栄養分が爪へ届かなくなってしまいます。甘皮が爪を守ってくれてる!と勘違いされてる方がいますがそれは間違いです。

このルースキューティクルの除去をいかにきれいにするかで仕上がりが違ってきます。プッシャーという器具で甘皮をそっと押してみましょう!


こういう道具です↑

少しずつ少しずつ甘皮を押してみると甘皮が取れていくのが分かると思います。

プッシャーはあまり立てないで爪に斜めにあてて押すようにしてください。立てて押すと爪の表面を痛めてしまいます。

甘皮がたくさんあるときはニッパーでカットするのですが、初心者のかたはカットはむずかしいかもしれません。

うまく切らないと出血したり痛くなったりするので気をつけましょう!

いかがですか?最初に見た自分の爪とは違っていませんか?これだけでも充分なくらいきれいになっていたら合格です!

爪がきれいになったらマニキュア、ジェルを塗ってみましょう。

マニキュア、ジェルの塗り方については次のブログで説明します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする