ネイルサロンを開いちゃう!?

この記事を書いている人
ニュウ
はじめまして!ネイリストのニュウです。
ネイルについてのおはなしをみなさんに発信していきます!
よろしくおねがいします。

詳しいプロフィールはこちら

自分のネイルサロンをやりたいなと思っているかた多いのでは?

ネイルサロンは比較的簡単にオープンできます‼

ちょっとしたスペースに机と椅子があれば👌

まつげエクステのサロンを開くときは保健所に美容所登録というのをしなくてはいけませんが、ネイルサロンは細かい手続きが必要ありません。

だれでも気軽にオープンできるのがいいですね☺

今回はネイルサロン開業のプロセスをおはなしします✨

どこで?

まずは場所をどうするか!そこを考えましょう😃

スペースを借りようと考えている場合😉

どの町に進出するか!?これはかなり重要なポイントになってきます。

大きな町にはたくさんのネイルサロンがあります。つまりライバルが多い!!

自宅で開く場合は大多数のかたは駅近というより住宅街ということになりますね。つまり行きにくい、わかりづらい、、

このあたりのポイントをよーく考えましょう🎵

売りは?

価格?技術?サービス?ここは、自分の力量を冷静に判断し、よく考えるところですね。

一番手っ取り早いのが価格で勝負するこでしょう。安ければお客様はいらしてくださいます。しかし、技術がダメな場合は一度きりということが多々あります。

やはり継続的にいらしていただけるお客様を獲得するのがgood!!

準備するものは?

必要なものはなんでしょうか。。

まずは、ネイルテーブル、お客様の椅子、ネイリストの椅子。

 

自分もお客様も長い時間座るところなので高さなどは妥協なくいいものを選びましょう。

ネイル道具。これはご自分の好みのものがあるのかと思います。(細かな道具選びについてはまたの機会に!!)

一通りの道具は清潔に整えましょう。清潔感はとても大切なポイントです。ダストまみれの道具やお部屋ではお客様はリラックスできませんね。

メニューを決めましょう❗

サロンで扱うメニューを決めなければいけません。

ジェル専門にするのか、スカルプもやるのか、、

時間はどのくらいで区切るか、、

値段はどうするのか、、値段に関しては自分の好きなように決めればいいのですが、定額制にするのか、デザインによって料金を提示するのか、ここをまず決めましょう。

流れは?

お客様が入店し、そのあとどんな風にお席まで誘導するかを何度もシミュレーションしてみましょう。

そのあとカルテなどの記入をお願いし、メニューや価格の説明をします。

ネイルサロンはただネイルをするだけの場所ではなく、お客様をこころからおもてなしする癒しの場でなければいけません。

ついつい技術について意識がいってしまいますが、お客様への対応こそまず考えなくてはいけません。
どのような接客スタイルがやりやすいのか、、ご自身のチャームポイントを発揮できるようなスタイルを見つけていきましょう。
それがあなたのお店の売りになってくるはずです。
数あるネイルサロンの中から選んでいただくにはどういう点をアピールするか!そこがぶれたりしないよう出店前にしっかり考えましょう。

いかがでしたか?
出店するまえのポイントをあげていきました。
細かな注意点についてはまたお話ししていきます🙇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

niu

ネイルが大好きなネイリストです。東京都世田谷区でネイルサロンを開いています。サロンで人気のデザインのご紹介、爪のおはなしなどみなさまにさまざまなネイルのおはなしをお伝えしていきたいと思っています。 ネイルサロンが身近な存在になったらいいなぁと思っています。